VIII-光透波セラピー

言葉が変われば人生が変わる!【離れる】光透波(ことば)のセラピー ものの見方、考え方はとても大切。人の習慣(思考、感情、行動→性格)が変わるまで3ヶ月、およそ100日間。

文明が幾ら豊かになり生活が便利になっても人間の精神は太古から寸分も進化していないのではないだろうか?メディアからは多量の情報が流されて来るが、より人間の迷いを助長させていないだろうか?迷いから離れるためには、ただ「ないがまま」に自分の精神を虚しくするしかない。それが最初の一歩で最後の一歩。
VIII-光透波セラピー

言葉が変われば人生が変わる!【永遠の今】光透波(ことば)のセラピー ものの見方、考え方はとても大切。人の習慣(思考、感情、行動→性格)が変わるまで3ヶ月、およそ100日間。

人生において充実していない、不幸感覚が強い人程、人生に対して意味をもたらせようとする。意味とは言葉から作り出されたもの。 一瞬にして古びたものになる。生きるとは行為の連続性。何一つ分けることがない永遠の行い。そこには隔てるものがない、意味を問わない世界があるだけ。
VIII-光透波セラピー

言葉が変われば人生が変わる!【自分革命】光透波(ことば)のセラピー ものの見方、考え方はとても大切。人の習慣(思考、感情、行動→性格)が変わるまで3ヶ月、およそ100日間。

境界(地位、名誉、学歴、お金、生育歴)を強く持って生きていると記憶の自分は安心したつもりになりますが、悠久の大宇宙、大自然においては形に力がないこと、有事の際には自分の無力さに思い至ることになる。枠組みに取り込まれている人達は、社会、世俗の奴隷になっていますが、反社会的行為をすることなく自由であるためには、自分の中から革命を起こすしかないのです。
VIII-光透波セラピー

言葉が変われば人生が変わる!【ひとつ】光透波(ことば)のセラピー ものの見方、考え方はとても大切。人の習慣(思考、感情、行動→性格)が変わるまで3ヶ月、およそ100日間。

良い悪いと分ける世界においては、どれだけ知識を総動員しても最初のスタートが矛盾ですから最後も矛盾で終わるのです。初めがひとつから生み出されたものであ るならば、抵抗なく調和へと結ぶことになるのです。開かれた意識には葛藤がなく、より良きものを選ぶのではなく、よきものを選ぶ、選択のない選択をするのです。
VIII-光透波セラピー

言葉が変われば人生が変わる!【か な た】光透波(ことば)のセラピー ものの見方、考え方はとても大切。人の習慣(思考、感情、行動→性格)が変わるまで3ヶ月、およそ100日間。

抵抗なく生きるとは何ら信念、記憶の領域にはない。あなたが事実を見ているようで実は過去のイメージから見ている。そこからは何ら新しい新鮮なものは生ま れはしない。知識を拾い上げて物事には対処出来るだろうが、快・不快、好悪の感覚から見ているのではないだろうか?新しいものを出奔させるには記憶の彼方 からくるのです。
II-東洋セラピー

【腰痛が良くなり自律神経が整う1】腰痛は国民病とも言われるくらい多いのではないでしょうか?先週、10年くらい前に突然、腰痛になり同時に左足の痺れがあった76歳、女性とご紹介者と共にカフェでお会いしました。

腰痛は国民病とも言われるくらい多いのではないでしょうか?先週、10年くらい前に突然、腰痛になり同時に左足の痺れがあった76歳、女性とご紹介者と共にカフェでお会いしました。
VIII-光透波セラピー

言葉が変われば人生が変わる!【記憶をはさまない】光透波(ことば)のセラピー ものの見方、考え方はとても大切。人の習慣(思考、感情、行動→性格)が変わるまで3ヶ月、およそ100日間。

物質的に豊かな生活をしていても精神の豊かさを実感することは出来ないのです。一時的には心が穏やかになったつもりでも日常生活に戻れば、あいも変わらず心は喧騒の海で溺れているのです。知識の外に出ない限りは葛藤を終わらせることは出来ないのです。知識の外に出るとは「あるがまま」に事実を記憶をはさまないで見ることなのです。
XI-お勧め書籍

【豊かに健康的に生きるお勧め書籍3】9割の医者は、がんを誤解している!

がんは、長い年月(数年から十数年と言われています)の生き方の結果とできたものです。だからと言ってあなたに責任を取れということではありません。しかしその事実を認める必要があります。がんは自分で治すもの!身体にやさしい「セルフ治療」も多方面に渡り網羅されています。がんだけでなく人生を凡ゆる面で健康的に生きるヒント集です。
XI-お勧め書籍

【豊かに健康的に生きるお勧め書籍2】人生が劇的に変わる 脳の使い方

長年、脳を研究されてきたドクターの書籍。「他人につけられるスコアではなく、自分で自分にスコアをつけて脳をデザインする」ということです。言い換えれば、これはかねてから私が追求してきた「学校の脳」から「社会脳」への転換を図ることにほかなりません。脳の成長にとって重要なのは勉強ではなく経験です。
V-お客様の声

【真生 いま・ここ養生通信」のご感想】455号 病気は、自分がやめると、それを決めるのが大切だなとふと、思いました。

ホリスティック氣幸は、人類の英知を結集、統一した東洋セラピー、心理セラピー、スピリチュアルセラピーの考えと実践を中心に、自宅で無理なく続けられる、やさしいセルフケア(養生)のヒントを紹介しております。
error: Content is protected !!