お勧め書籍

XI-お勧め書籍

【豊かに健康的に生きるお勧め書籍13】空気を読む人、読まない人

心と性格の仕組みは大きく2つに分けられます。発達の違い、特徴は、どのような人なのか、人間関係で起こりがちな問題や、抱えがちな悩みは、そして生きづらさから解放される大きなヒントがあります。
XI-お勧め書籍

【豊かに健康的に生きるお勧め書籍12】おいしく食べて 一生太らない体感メソッド

体を感じる力(体感力)を使えるように して、やせるだけでなく、自分で体調も よくすることができる具体的な書籍。
XI-お勧め書籍

【豊かに健康的に生きるお勧め書籍11】ゼロから始める文章教室

生涯現役、健康的に生きるには、頭を鍛えておくことは必須です。本をただ読むのではなく、アウトプット前提で読むと、より明確に覚えるこ とができたり、理解しやすくなります。ある意味、著者と対話することでもあります。本を編集する能力は、人生を編集する能力とも一致します。
XI-お勧め書籍

【豊かに健康的に生きるお勧め書籍10】脳番地トレーニング

発達障害の子どもを伸ばす書籍です。発達障害だけでなく健全に子どもの能力を開発させることができます。
XI-お勧め書籍

【豊かに健康的に生きるお勧め書籍9】記憶力を磨いて認知症を遠ざける方法

100年時代になり認知症は緊切の問題になっています。3000人の顧客の名前、肩書、電話番号を記憶している銀座のママと認知症の専門医の対談本です。
XI-お勧め書籍

【豊かに健康的に生きるお勧め書籍8】降りてくる思考法

97%の人が知らない!トップ3%のすごい考え方降りてくる思考法を身につければ、イメージ力と本質を洞察する力が飛躍に高まります。思考の次元を1段も2段も上げることができます。その結果、いままで思いつけなかったようなアイデアが次から次へと降りてくるようになり、さらには、発明、発見につながる偶然の幸運をぐんと引き寄せやすくなるのです。人の頭の中は見えません。この書籍は思考のプロセスを可視化しているので発想法は大いに参考になるでしょう。
XI-お勧め書籍

【豊かに健康的に生きるお勧め書籍7】若者がうらやましがる老人になってやろう

人生の後半、暮らし方のお手本本です。1 老後に必要な大切なこと。2 人間関係のこと。3 日々の暮らし方。4 身体のこと。5 人生を充実して生きる方法
XI-お勧め書籍

【豊かに健康的に生きるお勧め書籍6】認知症への大誤解

認知症の研究の最前線の書籍です。鍵は扁桃体。扁桃体とは人間の怒り、哀しみ、不安、恐れ等の情動を司っています。生きていると感情が生じます。誰でも辛いことはいつまでも感じていたくはないですよね。
XI-お勧め書籍

【豊かに健康的に生きるお勧め書籍5】ココロとカラダの疲れとり大全

朝起きてから日中、夜の過ごし方、そして週末の暮らし方まで1日、1週間を快適にするための書籍です。当然、1日、1週間を健康的に過ごせれば将来に渡って病気にはなりにくい。
XI-お勧め書籍

【豊かに健康的に生きるお勧め書籍4】50歳を超えてもガンにならない生き方

医者は目の前にいる患者さんの「症状」扱いますが、その背後にある生き方には目を向けません。しかし患者さんは診察と言う目に見える場所にいるだけではないのです。
error: Content is protected !!